FOLLOW ME:

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • Instagram Clean Grey

RECENT POSTS: 

SEARCH BY TAGS: 

いつも全力でやることが大事

気がつけば、もう9月。

私の手帳は、12ヶ月が3ブロックに分かれていて、

4ヶ月ごとに全体スケジュールの把握ができるんだけど、

もう今年も最後の4ヶ月のページになってしまった。

さて、6,7,8月とかなり悶々と悩みながらの日々が続いた。

ぶっちゃけて言ってしまえば、収入面で苦しかった。

お仕事はありがたいことに頂けているものの(感謝です)、

1つの仕事が終わるまでのスパンが長いと、それまで収入がなくなるのでなかなかに厳しい。

いろいろな人に話しても、フリーランスの一生消えない悩みだよね...となる。

十数年、ひとりでやってきている大先輩でも

その心配はずっとあるよというので、ずっと消えないんだなと思う。

そんな中で、どう日銭を稼ごうか、稼ぐために何か商品を売ることが出来ないものかと、

思いついた商品の試作をしてみたり、人がやってないことって何だろうかと

人の作品なども見に行ったりしていた。

でも、そもそも毎日毎日悩みながら作品作りをして、販売をしているような人が

どうしたら売れるだろうかと悩み考えているようななかで、

私がちょっと何か作って売れるほど世の中甘くはないこと、ふと気づいてしまう。

よほどでない限り、どの分野にせよ、長く深く考えて、手や頭を動かし続けている人が絶対強い!

私が何かを作るよりも、彼らのアイディアや作品をどう世の中に出していくかを

考えることのほうが、私がやらなきゃいけないことだよなぁ...と改めて思ったり。

そんな試行錯誤の中で出会った、同じ年齢のクラフト作家と出会い、

私が温めていた作品のアイディアを共有し、一緒に制作・販売するような話も出てきたり、

悶々としていたことで新しい出会いときっかけになっていると思うと、

その時間は無駄じゃなかったんだけども。

これについては、何か形になって紹介できるまで、頑張ります!

今日の本題はここからだった...

悶々としている中で、「うちの会社に来ないか」という話をもらった。

これから会社を大きくしていく上で、企画立案から広報PRまで全体統括できる人間が欲しいと。

これは相当揺れた、気持ちが。

なんといっても、収入面で弱気になっていたし(笑)、

大きい事業になっていくから、動かすお金も結構大きくなるだろうということ、

そこでもう一度例えば10年動いてみて、さらに成長してまたフリーランスとして働くのもありじゃないか...

などなど...結構考えた。

毎日考えることが違った。

「もう一度会社に勤めて、大きな事業を成功させて、自分も成長する機会にできるじゃん」

「今の仕事のスタイルで、様々な人と出会って、いろんな仕事をするほうが楽しいでしょ?」

「いや、今後のことを考えても安定した収入は魅力的だし、給料も悪くないし...」

「この2年ぽっちで、フリーランスという選択を諦めるの?あんなに悩んで選んだのに?」

ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる...

そんなときに、「全力でやることの大事さ」を感じたのだ。

ふとやってきた何らかの機会、それが今選ぶべき「チャンス」なのか。

やるべきか、やらざるべきか、掴むべきかどうか、

それを選び取れる嗅覚・感覚は、日々を大事に積み重ねていることで

研ぎ澄まされるのだろうと思うから。

そして、私はフリーランスでやっていけるのか、いけないのか。

これも日々全力でやってないと自分の限界がどこにあるのか分からないのだ。

結局、今回のお誘いはお断りしていて、長い目でお付き合い出来るように

小さい仕事から始めてみましょうということになった。

これからやってくるであろう、未知の出会いや、未知の仕事へのワクワク感、

自分の可能性を確かめたいという思いを選んだ。

いつかどこかで振り返ったときに、

あのときのお誘いが、選ぶべきチャンスだったと思うのか否か。

それはこれからの私次第。

© 2023 by Closet Confidential. Proudly created with Wix.com

  • b-facebook
  • Instagram Black Round